【初心者向け】楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方と注意点

バイナリーオプション業者
楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方ってどうやんの?
バイナリーオプション業界のなかで最高クラスに複雑だから、順を追って解説していくよ。

どうも、ツカロです。

楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方をお伝えする前に、その評判の悪さについて先に触れておきます。

https://twitter.com/yokosimaya/status/1379082229951819784?

【被害者だらけ】楽天のバイナリーオプション『らくオプ』の評判が悪すぎる

2021年5月8日

別に、「らくオプには絶対に登録するな!」と強制するわけではありません。

ただ、「自分がやり方を調べている『らくオプ』は被害者だらけの業者で危険な部分も多いんだな。」とは思っておいて損はないかと。

注意喚起も終わりましたし、ここからは楽天バイナリーオプションのやり方を解説していきます。

本記事の内容

  • 楽天バイナリーオプション『らくオプ』とは?
  • 楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方

楽天バイナリーオプション『らくオプ』とは?

楽天バイナリーオプション『らくオプ』とは?

  1. そもそもバイナリーオプションって何?
  2. 『らくオプ』とは?

順に、解説していきます。

そもそもバイナリーオプションって何?

相場がこれから上に行くか下にいくかを予想する取引です。

予想が当たれば利益。外れれば掛け金は全額没収。かなり分かりやすい部類の投資かと。

また、日本と海外でルールが大きく異なるので、その差に関しては下記からどうぞ。

>>【バイナリーオプション】国内業者と海外業者の違い~メリット・デメリット~

『らくオプ』とは?

楽天証券が提供するバイナリーオプション取引業者のこと。

楽天のバイナリーオプション。略して『らくオプ』。大企業・楽天がバイナリーオプション業界に参入してきました。

最も大きな特徴としては、『業界初のポイント投資』が可能になった点。

下記の記事で、メリット・デメリットを比較しているのでよかったらどうぞ。

>>楽天のバイナリーオプション『らくオプ』とは?メリットとデメリットを解説

楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方

楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方

  1. 初心者はデモ取引から始めよう
  2. 楽天のFX口座を開設
  3. 楽天のバイナリーオプション口座を開設

順に、解説してきます。

初心者はデモ取引から始めよう

デモ取引を通じて、稼げそうだと思ったら口座開設を行いましょう。

『らくオプ』は本番と同じ環境で、仮想資金を使って取引できるデモ取引が可能です。

まずは、デモ取引を行って、『らくオプ』を使って稼いでいけるのか確認しましょう。

【初心者向け】楽天バイナリーオプション『らくオプ』のデモのやり方

2021年5月12日

楽天のFX口座を開設

  1. 楽天FX口座を開設
  2. 楽天バイナリーオプション口座を開設

この手順でないと、楽天バイナリーオプションの口座は開設できません。

え?なんでこんな面倒なことするの?
楽天グループの事務処理能力の問題かと。こんな二度手間は楽天だけだよ。

兎にも角にも、『らくオプ』を始めるには、まずは楽天FXの口座開設から。

口座登録は下記のリンクに従えば行えます。

>>楽天FX口座を開設する

楽天のバイナリーオプション口座を開設

知識確認テストに合格すれば、楽天バイナリーオプション口座を開設できます。

知識確認テストとは、下記のような問題です。

オプションの売り手は、買い手が権利行使した場合に限り、買い手からオプション料を受け取ることが可能である。

×

オプションの売り手は、買い手が権利行使を放棄した場合でも、買い手からオプション料を受け取ることができます。ただし、買い手が権利を行使した場合には、必ずその決済に応じなければなりません。

引用元:楽天証券 知識確認テスト

こういう問題は苦手ですわ。合格できるかなぁ…。
カンニングし放題の試験だから、誰でも合格できるよ。

カンニング方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

【余裕で合格】楽天バイナリーオプションのテスト、カンニングし放題な件

2021年5月11日

楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方はめんどくさい

楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方はめんどくさい

あのさ、楽天バイナリーオプションのやり方ってマジでダルくね?
うん。だから、冒頭で紹介した最低最悪の評判になってるんよ。
  1. FX口座を先に登録するので二度手間
  2. テストを受けさせられるのは日本だけ
  3. 1回の取引で2時間拘束される

FX口座を先に登録するので二度手間

『らくオプ』では投資家を舐めている姿勢が散見されます。

やっぱり、こういった二度手間をかけさせるあたり、根本的に投資家を舐めてるんですよ。

その証拠に、下記のツイートをご覧ください。

楽天バイナリーオプションは、こっそり『顧客損益率』を下げました。

顧客損益率とは、『平均していくら掛け金が返ってくるのかの指標』です。

つまり、1万円を使って平均9700円返ってくる設定だったのに、途中から8200円しか返ってこないようにこっそり変えたのです。

こういうことをこっそりやる業者。それが『らくオプ』。

そんな業者が、二度手間の解消なんてことするはずがないんよね。

テストを受けさせられるのは日本だけ

知識確認テストはマジで無駄です。

バイナリーオプションというのは、相場が上がるか下がるかを当てて利益を得る投資。

そのため、『オプションの売り手は、買い手が権利行使した場合に限り~』みたいな座学が出来ても、稼ぐことは出来ないんです。

そんな無意味な知識を持っていないと口座を開設できないあたり、もう意味がワカラン(笑)

しかも、そのテストはカンニングし放題だし、何がしたいの?って感じ(笑)

1回の取引で2時間拘束される

楽天バイナリーオプションの取引は、2時間間隔で行います。

そのため、楽天バイナリーオプションで取引するなら2時間は拘束されるわけです。

海外バイナリーオプション業者だと、最短30秒で取引が出来るので、拘束時間は雲泥の差。

2時間拘束の実態は、下記からどうぞ。

【2時間拘束】楽天バイナリーオプション『らくオプ』の取引時間が長すぎる

2021年5月13日

「楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方と注意点」まとめ

「楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方と注意点」まとめ

本記事の結論

  • 楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方はややこしい
  • 楽天バイナリーオプション『らくオプ』のやり方を知るにはデモ取引が一番

『らくオプ』はかなり面倒な仕組みのバイナリーオプション業者です。

楽天ポイントが余っていて使いきれない人以外には、正直おすすめできないですね…。

それではまた!

ハイローオーストラリアで今すぐデモ取引